労務管理
リスク回避型労務管理
労働トラブル予防策

人事制度設計
人事制度設計とは
人事考課の取り組み

就業規則
就業規則の必要性 
トラブル回避就業規則 
就業規則作成の手順 

助成金
各種助成金





  

 

  継続雇用制度奨励金(第T種)
      
        継続雇用制度の導入と定着を目的とした継続雇用制度奨励金(第T種)、
        高年齢者の多数雇用を目的とした多数継続雇用助成金(第U種)の2つの
        「継続雇用定着促進助成金」のひとつ。

■ 高年齢者事業所設置事業主以外の事業主(第T種 1号)

雇用保険適用事業所で、労働協約又は就業規則により希望者全員を61歳以上又は65歳以上の年齢まで雇用する制度(定年引上げ・勤務延長・再雇用・在籍出向)を設けた場合

  【支給される額】
     企業規模・継続雇用期間及び導入した継続雇用制殿内容に応じて、1年間に
     
30万円〜300万円が支給される
               ※ 最大5年間

■ 高年齢者事業所設置事業主(第T種 2号)
高年齢者事業所を新たに設置し、労働協約又は就業規則により61歳以上の定年を定めていること又は定めていないこと


          ※ 子会社として設置されている場合は、65歳以上の年齢まで雇用する制度を定めているか、
             親会社の定年等の年齢より1年以上長く雇用する年齢を定めている場合に限る

  
高齢者事業所とは 
  55歳以上65歳未満の者の雇用割合が50%以上、かつ
               60歳以上65歳未満の者の雇用割合が25%以上で雇用する
               常用労働者の数が3人以上


  【支給される額】
     
継続雇用期間及び高年齢者雇用数に応じて、1年間に60万円〜300万円が支給

               ※ 最大5年間



                                      無料相談はこちら
                                      
                                      助成金のTOPへ
                                      ホームへ


                                                       ページ゙Topへ

ホーム | 所長あいさつ | 事業所紹介 | 個人情報保護方針
業務内容 | 料金体系


Copyright (c) 2005-2006 Imai Cerified Social Insurance and Labor Consulting Office All Rights Reserved.
イマイ人事労務コンサルタント事務所(社会保険労務士事務所)
(大阪府堺市)TEL:072-264-8541