リスク回避型労務管理

本の一例ですが
  社長様、
以下の事で悩んだ事はありませんか??

 ●身元保証書には、法律的にはどのような意義や効力があるのか?
 
遅刻した時間と残業時間を相殺できるのか?
 ●フレックスタイム制のもとで残業代を定額払いとすることができるのか?
 ●「残業代稼ぎ」で、故意にだらだらと仕事をやる者の対処をどうすればよいのか?
 
残業時間を代休に振替えてもよいのか?
 ●行方不明になった社員の退職金を、配偶者に支払うことができるのか?
 ●社員が無断欠勤のまま行方不明となった場合、どのように取り扱えばよいのか?

 ●身元保証人に対して損害賠償請求はどこまでできるのか?
 ●職場でのセクハラに対して事業主責任が問われるのはどんな場合なのか?
 ●契約社員が契約期間の途中で退職した場合に、損害賠償の請求はできるのか?

 更には、残業問題、労働契約書、タイムカード等の管理方法など
 今日の雇用関係においては、日々様々な問題が生じます。
 複雑な問題も多く、対応に苦慮されている経営者や担当者の方もいらっしゃると思います。

 また、そのような問題についてどこかに相談したいと考えても、、経営者や担当者の方が気軽に相談できる窓 口はあまりないのが現状です。

 
 当事務所は判例、法令、実務例等による専門的な助言や指導をいたします。






ホーム | 所長あいさつ | 事業所紹介 | 個人情報保護方針
業務内容 | 料金体系


Copyright (c) 2005-2006 Imai Cerified Social Insurance and Labor Consulting Office All Rights Reserved.
今井社会保険労務士事務所